日本語学校の教師になるには - 今後拡大が期待される日本語学校

日本語学校の教師になるには

日本語の教師は特別な資格や教員免許が無くてもなれますが、だからと言って誰でもが簡単になれるわけではありません。

日本語学校の最新情報を紹介します。

日本語学校の採用試験では、日本語の知識や教え方がきちんと身に付いているかどうかが問われます。
日本語の教師は主に大学や民間の日本語学校、その他企業などで教える事ができますが、これらの教育機関の求人では「日本語教師養成講座420時間修了」や「日本語教育能力検定試験合格者」といった条件を満たしていることが必要になってきます。


日本語教師養成講座は日本語の知識に加え教え方も学ぶことができます。



受講する際に特別な資格は必要が無く誰でも受講する事が出来る事や、曜日や時間の選択をできる学校が多く働きながら学ぶことができるといったメリットがある反面、受講の費用が50万円以上かかる事や学校によってカリキュラムの進め方や実習の回数、就職サポートの手厚さなどに差があります。
日本語教育能力検定試験は、日本語の教師として専門的な知識が身に付いているかどうかを検定する試験で年に1回実施されています。


この試験は受験資格に学歴や年齢の制限が無く、独学や通信講座での学習が可能なため養成講座と比べると費用を抑える事が出来ますが、検定試験合格のための専門的な知識は学べても日本語の教え方を学ぶことができないのが難点となります。



その他にも大学で日本語教育課程の主・副専攻修了者なども日本語学校の教師になれますが、入学試験があったり大学や大学院に通学しなければならないため、非常にハードルが高いと言えるでしょう。