日本語学校の教師になる方法

学校と名前がついていますと資格が必要なイメージがありますが、実は日本語学校で教えるには資格は不要です。ですので日本語を話せる日本人なら誰でも教師になれるかといいますと、教師に相応しい資質が求められます。


日本語を教える教師が働く場は民間の日本語学校、企業、大学などですが、こうしたところでは応募に際して条件を課していることがほとんどです。


その条件とは「日本語教師養成講座420時間修了者」「日本語教育能力検定試験合格者」「大学日本語教育課程で主・服専攻修了者」です。

現実問題として、このいずれかの要件を満たしている人しか応募できないと考えるのが妥当です。

日本語学校はこちらのサイトで情報公開中です。

詳細を説明しますと「日本語教師養成講座420時間修了者」になるには指定された学校でカリキュラムを学ぶのですが、日本語学校で教えている教師で最も多いパターンです。


この方法のメリットは曜日や時間を瀬なくできる学校が多いので働きながら学ぶことができる点です。
また学校によっては就職サポートを受けられるのもメリットです。
「日本語教育能力検定試験合格者」は試験に合格する必要がありますが、年に1回だけですので注意が必要です。



この試験で合格して教師になる人のデメリットは「教え方を学ぶことができない」ことです。ですから、現場に立ってから苦労することが多くなります。



「大学日本語教育課程で主・服専攻修了者」は大学や公的機関などで日本語教師を希望する際には重要視される経歴です。

この経歴は高い評価をされますが、大学または大学院に合格するのも大変ですし、学費がかかることも留意しておくことが必要です。